平成令和JUMP

自称初めて新元号を冠したブログ!映画やジャンプ感想など雑記を綴っています!

石原さとみ主演のドラマ「アンナチュラル」の第1話を見返したらコロナウイルスが出てた件。パンデミックを予言していた!?

f:id:kanagisan:20200311023339p:plain



 

 

2018年に放送されたアンナチュラル。

 

 

このドラマの第一話が、

現在世間を騒がすコロナウィルスを彷彿とさせる展開だったのです。

録画してあったので、久々に観てみました。

 

 

アンナチュラル

 


アンナチュラル Blu-ray BOX

 

2018年1月期のドラマです。

 

石原さとみが主演の法医学ドラマ。

窪田正孝や井浦新や松重豊など他キャストも豪華でした。

 

脚本もよく練られていて、演出も素晴らしかったです。

ユーザーからの評価も高く、視聴率も高水準をキープしていました。

再放送なども何度もされています。

 


Lemon(映像盤 初回限定)(DVD付き)

 

主題歌は米津玄師のlemonです。

紅白で歌われたので誰もが知ってる名曲といえるでしょう。

ドラマの内容とも合っていて秀逸でした。 

   

 

名前のない毒

 


第1話 名前のない毒

 

第1話のサブタイトルです。

 

あらすじを紹介していきます。

 

 

 

とある男性が突然死します。

死因は心不全。

原因不明の死は心不全として処理されることが多いのだとか。

いわゆるアンナチュラルな死。

 

納得できない両親が、主人公たちのラボに息子の遺体の解剖を依頼します。

 

 

遺体を解剖し原因を探っていく。

同僚も時を同じく死亡。

連続毒殺事件?

しかし検査結果から毒は検出されない。

名前のない毒?そんなものを作れたら殺し放題。

被害者の恋人が殺した?どうやって?

お菓子に薬品を入れた?

 

 

毒殺疑惑から、話が二転三転していきます。

ミスリードに次ぐミスリードに振り回されます。

1時間ドラマだというのに非常に密度が濃いです。

テンポも演出も良く、ドラマに引き込まれます。

 

 

最終的に、被害者の死因は感染症でした。

俗に言うMARSです。

そこから事態は急転します。

一気にパンデミックになり日本中は混乱状態へ。

 

 

そう、ここから一気にコロナを彷彿とさせてきます。

 

 

海外出張からの帰還。

咳をする被害者。

風邪のような症状。

軽い風邪と思い病院は受診せず。

PCR法。

死んでからの感染確認。

国内初のMARS感染症で死者。

MARSコロナウイルス。

町中がみんなマスク。

手洗いうがいをしっかりと。

所属会社は封鎖され消毒。

隔離施設。

感染をばらまいた被害者へのバッシング。

被害者家族への執拗な嫌がらせ。

濃厚接触。(濃密接触)

 

 

今テレビで騒がれてる内容が正にドラマの中にありました。

最近よく聞いたことあるワードの連発です。

 

放送当時から凄い面白いドラマだと感激したものですが、

コロナウィルスが世界中で拡大してる今改めて見ると

また違った感じ方をすることができました。

 

 

ちなみに、ドラマでは検査した病院がウィルスを漏らしてしまっていました。

院内感染され、被害者男性は移された側だったのです。

病院は非を認め、被害者の名誉は回復されました。

感染も落ち着いたのか、人々がマスクを外す姿が映されました。

 

   

 

パンデミックを予言!?

 

というかコロナウィルスって単語がモロに出てきてたのね。

ウィルス感染の話だってのはなんとなく覚えてたんだけど。 

まあ、ドラマはMARSコロナ、今流行ってるのは新型コロナ。

明確には違うわけですが。

 

パンデミックを予言していた、とまで言うわけではありませんが

優れた脚本家には先見の明があるのかもしれませんね。

 

しかし、しばらくはアンナチュラルの再放送はないかもしれませんねぇ…。

あっても1話だけ飛ばされるかも。


 

 

非常に見応えのあるドラマでした。

2話以降も、とても興味深い内容でした。

どの話も素晴らしいですが、

4話の誰がために働く

7話の殺人遊戯

が特に好きな話です。

是非続編を制作してほしいドラマの一つです!

 

そして、コロナも早く終息することを祈るのみです!

 


 

こちらの記事もオススメ!

heysay.hatenadiary.jp

heysay.hatenadiary.jp

heysay.hatenadiary.jp

heysay.hatenadiary.jp