平成令和JUMP

自称初めて新元号を冠したブログ!映画やジャンプ感想など雑記を綴っています!

推しの子、テラスハウスの案件に切り込んでる件。SNSでの炎上に警鐘を鳴らす。


【推しの子】 1-2巻 新品セット
 

 

ヤングジャンプで連載している推しの子。

 

ジャンププラスで、一周遅れで無料で読むこともできます。

 

 

好きなアイドルの子供として転生する話です。

しかし、アイドルの母親は何者かに殺害され、その犯人を探すべく芸能界に入り込みます。

サスペンスでもあり、役者ドラマとしての楽しみ方もできる稀有な作品です。

 

 

テラハを彷彿とさせる展開

 

現在、主人公は恋愛リアリティーショーに出演。

そこでは、同年代が集まりリアルな日常を送る姿が放送されます。

製作側の都合よく切り取られ、それを間に受けてネットで悪口を書き込む視聴者。

 

 

現実でも、テラスハウスで、木村花さんが番組内の過剰といえる演出により自殺しました。

そのことを彷彿とさせる展開です。

 

作中でも、誹謗中傷により追い詰められた出演者の女性が自殺を図ります。

が、主人公によってギリギリ救われます。

この時のアクア△

 

 

正直、ここに切り込んでいくとは。

1話まるまる、炎上するシーンが描かれました。

リアルすぎて、読んでて本当に辛かったです。

誹謗中傷の恐ろしさを突きつけられます。

 

 

ここから、どこに着地するのか。

取り扱いが難しい題材なだけに、作者の手腕が問われるところでしょう。

事件を風化させてはいけないという気概を感じ取れました。 

 

 

今回の話ではないけど、推しの子でグッときたシーン。

 

「有名税って何?傷つけられる側が自分を納得させるために使う言葉を、人を傷つける免罪符に使うな!」

 

ハッとさせられる言葉でした。

芸能人だって一人の人間です。

ちゃんと考えて発信しなければならないのだと感じました。

 

 

 

 

 

 

かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~ 1-20巻 新品セット

 

推しの子は、かぐや様は告らせたいと同じ原作者です。

かぐや様も面白いけど、こちらもグイグイ引き込まれます。

この作者の実力は本物ですね!(なんだか偉そうですみません)

 

 

 

 辛い時は、こちらの本もオススメです!

heysay.hatenadiary.jp

 

src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">